<< ギークメモ オトコマエ編 | main | 散歩 >>

Peillon ペイヨン

 
(夜のPeillon  お部屋のバルコニーから)

あの、夢だったんじゃないか?疑惑のおフランス旅行からちょうど一年。記憶も危うくなってきてしまった(涙)。忘却の彼方へ葬り去ってしまったらもったいないんで、ここに記しておきます。またいつか行く時の為に。

では、Peillon編です。


(位置の関係図)

La TurbieのHostellerie Jerome(注:音あり)で一泊した後は次の目的地Peillonへ移動。チェックアウト時に、お世話になりました〜。ステキでした〜。また来ます〜!なんてフロントのお姉さんにお礼。で、次はどこ行くの?の問いbyお姉さんにPeillonに行きます〜と意気揚々と答える私に、あらぁ〜、いいわねぇ〜、すてきなところよ!楽しんできてね!といつも本当にサンパ(感じがいい)なお姉さん。メルシーっす。また、いつか、必ず戻ってきます!とお別れの挨拶。いやいや、本当にまたいつか来ますから!!待ってろYO!!

La TurbieからPeillonまでの移動はバス+タクシー。いったんニースまでバス(来る時乗って来たのと同じ116)で戻って、ニース駅前からはタクシーでPeillonへ。あ、そうそう、このバスは月曜日から土曜日までしか運行していないのでご用心。日曜、祭日は走ってません。

と言うことで、なんなくバスはニースのGare routiereに到着。タクシーはニース駅(SNCF)から乗るのが便利なんで、トラムで移動(Cathedrale Vieille Ville→Gare Thiers)。これまた1ユーロ。安い。で、ぎゅうぎゅうのトラムに揺られて無事ニース駅に到着。

で、ここからはタクシー。Peillonまでは公共の交通手段がないのでレンタカーがタクシーに。当初、私達もレンタカーで行く予定だったんだけど、運転歴の浅い私には到底ムリっていろんな人に忠告されたんで断念。でもそれって正解だったかも。Peillonまでの道はすごいです(笑)。ニースから30分程の距離なんだけど、最後の10分位が。コーヒー工場(って運ちゃんは言ってたけど)の角を曲がったところから、一気に山を上って行くの。ずんずんずんずんと。たぶん途中離合はできないわ。運ちゃんもカーブ曲がるときはクラクション鳴らしながら走ってたし。

ま、家の近くの裏モナコよりは全然すごくないケド(笑)。あ、オオイタの話ね。

で、タクシーの運ちゃん。ニースの駅前で客待ちしていたタクシーに乗ったんだけど、気のいい兄ちゃんで優しかった。パリのタクシーとは大違い(笑)。Peillonに行くっていったら、どうやってホテル探し出したの?とか、すげーかわいいところだよとか、信じられないところにあるよとか、べらべらおしゃべり(笑)。で、1泊しかしないんで明日の朝、迎えに来てもらうことを約束。じゃ、また明日ね!楽しい滞在を!と言うことで今日の宿であるHotel Auberge de la madoneに到着。料金は荷物込みでたしか40ユーロ?位だったかな?

(左:入り口   右:テラス)

タクシーから荷物を下ろしてもらったら、ホテルのおじさん(ロジェさん)が「ボンジューーーー!」って叫びながらお迎えしてくれて、なんかホっとした私たち。なんか民宿みたいな感じなのよね。ここ。山の上の温泉宿みたいな(笑)。

で、玄関で予約している旨を伝えチェックイン。いそいそとお部屋に案内される私たち。ん〜、なんか旅館っぽい(笑)。床の軋み具合とか(笑)。ステキ。いいわ、ココ。荷物もロジェさんが運んでくれて、お部屋でディナーの時間、朝ご飯のことなんかの説明を受ける。ってか、ロジェさんしかいなかったんだけど。ココ。なんか困ったことがあると1Fのサービスのお部屋に「すんませーん!」って声を掛けると「ウィーーーーー!マダーーーーーーム!」ってロジェさんがぶっ飛んできてくれるの。で、ゆっくりとしたフランス語でいろいろ教えてくれるのよねぇ。ロジェさん。サンパだったわぁ〜(遠い目)。

(Peillon村)

荷物をほどいてお部屋でちょっと休んだ後、周りを散策しに出かけた私たち。って言っても20分もあれば村を周りきれてしまう(笑)。おまけに住民の気配なし。猫しかいないし。

ということで、散策もほどなく終了。ほかにやることもないので昼寝。あ〜、こんなステキな所で昼寝なんて。贅沢すぎ。神様ごめんなんさい。

で、熟睡するおばちゃん姉妹。次の日はパリへ移動するのでたっぷりと休養。だってパリはパリでいろいろ歩き回らなくちゃならないからねぇ。

目が覚めたらすっかり日が暮れていて、ディナーの時間も近づいていてびっくり。慌てて支度をする私たち。なんていったってココのレストランも星が付いてますからね。おめかししなくちゃですから。はい。

そんでもって、ディナーの時間になったので、1Fのレストランにしゃなりしゃなりと移動する私たち。お客さんもけっこういらっしゃってました。英語を話す宿泊客(中年カップル)と、あとはローカルなお客さん達かな?おばちゃん6人組なんかもいてすんごいユルユルでした(そして犬2匹もテーブルの下でおとなしくしてたりなんかして)。サーブしてくれたのは、もちろんロジェさん。日中は白シャツだったんだけど、ディナー仕様に黒のシャツに着替えてました(笑)。ステキ。La TurbieのHostellerie Jerome(注:音あり)とはなんか違う(笑)。でも、こっちの方がリラックスできて好きカモ。私ったら。

で、肝心のディナーのメニューなんだけど、まったく記憶なし(汗)。疲労もピークに達していたのかあんまり食べれませんでした。あー、もったいない。二人ともおすすめのムニュをいただいたんだけど、お値段は二人で104ユーロ。アペリティフが28ユーロ、ワイン(たしかdemi-bouteille(1/2本)28ユーロ、ミネラルウォーター(ガス入り)12ユーロでした(今、領収書を確認してみた)。

そしてディナー後は崩れるようにしてベットにバタンキュー。ボンニュイ〜!


(帰りのタクシーからPeillon村を望む)


次の日。朝ご飯をいただいて、お迎えの時間まではちょっとあったので、またしても近くを散策。もう行くところないけど(笑)。でも、昨日は感じられなかった住人達の気配を感じてひと安心。っていうか朝から大音量でオペラとか聴いてるし(それはそれでステキなんだけど)。なんか、それ意外は信じられない位静かで怖いくらいだった。今は田舎暮らしだけど(私ね)、トウキョウに住んでいた時に訪れていたらびっくり仰天していたと思う。あまりの田舎さに!!今は同じような環境下に住んでるから、そんなに感動はなかったんだけど(本音)。

そんなこんなで、周りをブラブラしていたら約束の時間通りにタクシーがやってきてびっくり(笑)。だって、ちゃんと来るかどうかも怪しかったんだもん(失礼)。で、慌ててチェックアウト。ロジェさんにmerci、また来ます!と伝えてバイバイするとなんか泣きそうになった(大袈裟)。いやいや、本当に。それくらいアットホームでステキな温泉宿オーベルジュだったんですから。

ということで、またまた陽気な運ちゃん(昨日と違うムッシュ)のガイド付きで一路コートダジュール空港へ。帰りもけっこう山道で姉は気持ち悪くなってました(気の毒)。途中高速道路に入ったりしながら約1時間で空港に到着。お値段は90ユーロ。安いのか高いのかわかりませんね。もうこうなったら(意味不明)。

この後パリへ移動。パリで4泊してソウル経由でオオイタへ帰国。あ、ソウルで1泊ストップオーバーしたけど。

(大好きなカルチェ Paris 7e)

あー、また南仏に行きたいっす!今度こそはレンタカーしてchambre d'hote巡りをしたいなぁ。

□追記:ここはwi-fiはただじゃなかったっす。自分でorangeにアクセスしてお金払ってネットしました。

□さらに追記:周りにお店はいっさいなし。何にもありません。お水は余裕があったらどこかで買って行った方がいいかも。ちなみに私たちの泊まったお部屋には冷蔵庫がなくて、ロジェさんに「すんませーん、なんか飲むものください」って頼んだら、すぐに部屋まで持ってきてくれました(もちろん有料)。エビアンのデカ瓶で、けっこう高かったかも。










スポンサーサイト

  • 2018.11.09 Friday
  • -
  • 11:57
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
とても素敵な思い出だね。
1枚目の写真だけでもため息だわ。
ロジェさん、元気かしら?
会ったこともないケド、たくさん登場したから
もう知ってる風だよ(笑)。

パリのすみっこ
本屋さんで立ち読みしてきました。
やっぱり買う!素敵!!
  • hal
  • 2010/10/05 5:13 PM
ウンテとロジェ。
どっちともご対面しなくちゃだね(笑)。

パリのすみっこ、
ステキだったでしょう?
買って!!

  • バサ子のハハ
  • 2010/10/06 2:54 PM
何だか、もう5年くらい前のような気がする。
それだけ記憶が薄れちゃってるんだね。
ロジェ、元気かなぁ。
テキパキしてていつも小走りだったよね。
  • るみみ
  • 2010/10/09 1:46 PM
>るみみ
私はホントウに行ったんだろうか?って感じだよ(笑)。
まだ1年しかたってないのにね。

南仏、また行きたいな。
のんびりしてていいよねぇ。

ロジェ。
一緒に写真を撮らなかったのが、ホントウに残念。
  • バサ子のハハ
  • 2010/10/11 11:52 AM
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 11 space jam
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike air max 2017
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora bracelet
http://www.kd10-shoes.us.com/ nike kd
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon speedcross 4
http://www.jordan11spacejams.us.com/ air jordan
http://www.lebron15-shoes.us.com/ nike lebron
http://www.curry4-shoes.us.com/ curry 3
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ yeezy boost 350
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock shoes
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy shoes
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora jewelry official site
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ red bottom shoes
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike shoes
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ adidas boost
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes bag
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie shoes
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ ultra boost black
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma slippers
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop sale
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora
http://www.nikeairmax-90.us.com/ nike air force 1
ドリフトliuyuzhen
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
mail
obuely@gmail.com
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM